g.o.a.tを初めてみます

縦書きが可能なブログサービスの、goatというものがあるようで、見た感じが好みだったのでさっそく初めてみました。

今後どれぐらいまで続けるかは未定ですが、ご参照ください。


応募原稿の進捗は38節中、12節まで来ました。

応募原稿の進捗

GA後期に応募しようとしている原稿ですが、38節予定の9節まで初稿を書き上げました。

貯金があるというほどの進捗にはなっていませんが、どうにも間に合わないほどでもないですね。

今回は、文長が長くなりやすいという欠点を改善する目的で、地の文の行折り返しを禁止しています。

意識しながら書くだけだと、結局思っていたより長くなってしまうので。ひとまず、初稿はこの制限をキープして仕上げるつもりです。

枚数に対する平均の文章量が20%ほど減ったので、なかなか書きづらいのですが、読み返してみると、文の微調整程度でいけるかなー、という感じですが、はてさて。

余計な情報を削ることに繋がっているので、見通しはよくなっている気がしますが、もうちょい話が進んでみないとなんともですね。

一方、過去の原稿をどうするか迷っています。今までは書いた原稿は基本的に一箇所にしか出していなかったのですが、常に選考待ちがあるほうがチャンスが増えるしなあ、などと。

出すなら、前から出したかったけど、〆切の関係で出せなかったところに送ってみようかと思っています。


第11回GA文庫大賞(前期)の結果が出ました

応募した作品は、二次選考は通過したものの、三次選考で落選して最終選考に残らず、という形になりました。593作品中32作品までは行ったけど、残り8作品までは到達しなかったわけです。

前回(というか前年)、一次は通過するものの二次で落ちてしまったので、今回はとりあえず「二次は通過したい……」だったので、それは達成したんですが、まあやっぱりちょっと残念です。

後期にも応募予定で、いまプロットを書いています。

FGOのギル祭のタイミングがあれで、ちょっと進捗遅れていますが、ビートシートまで入ったので、なんとか取り戻していきたいと思います。前回は、後期分を準備しようとして、間に合わずに一年後になってしまったので、その轍を踏まないように……と。

Web連載のほうがあとちょっとなんですけど、これやってると間に合わなくなりそうなので、目処が付くまでは新作に力を入れていこうと思います。プロットをこの連休中に仕上げて、毎日5000字ずつ書けば毎週1日ずつ休んでも、30日ぐらいで終わるわけですから、最初のダッシュが肝心だなと思っています。

10月は色々めんどくさいイベントが目白押しなんですよねー……。

目標としては、次回は「二次を安定させつつ、三次も通過させたい」と思っています。

なろうで「最強すぎて勇者パーティーを脱退した魔術師は、手加減を極めるために修行の旅に出る」の連載を開始しました

小説家になろうで、新作を開始しました。

「最強すぎて勇者パーティーを脱退した魔術師は、手加減を極めるために修行の旅に出る」

タイトルとあらすじの通り、コンセプトは「手加減」です。

最強だけど手加減をしなきゃいけないので、そこまですんなりとはいかないぞ、というのが骨格になっています。手強いのは敵じゃない、身バレへの不安だ、みたいな感じで。結局、主人公の彼は強引になんとかしちゃうんですけど。

執筆はまあまあ順調でそろそろ5万字になります。


よろしくお願いします。

GA文庫大賞への応募を完了しました

第11回のGA文庫大賞(前期)向けに書いていた原稿を、応募完了しました。

ところが、応募後に、ひらがながテレコになっているミスを発見していたのに直し忘れたことに気付きました。

締め切りギリギリの提出だと不安感があるから、早く出そうと思ったのはいいものの、結局作業自体がギリギリになっていたせいですね……寝かして修正ができず、書いて即修正、修正しつつもう一周チェックして修正! みたいなことになっていまして、段取りが悪すぎました。反省しています。

ともあれ、今回ので受賞する自信は正直ないのですが、前回よりはいいところに行って欲しいと思っています。

これから、なろう向けの原稿をやろうと思います。今週に公開開始できるといいなって。んで、六月の後半には次の応募原稿の構想に入りたいですね。夏はどうも体調が悪くなりがち(仕事もちょっと忙しくなりがち?)なので、早め早めに……。

GA文庫大賞用の原稿が仕上がりつつあります

第11回の、GA文庫大賞(前期)向けに書き始めていた原稿、GWで進捗を稼げるかと思ったのですが、あまり稼げず、応募直前になってなんとか初稿が上がったーってな状況です。

でもまあ、一応間に合うと思います。今日は応募に必要なあらすじを書いて……推敲については、50%分はこないだ読み返してハイライトを入れてあるので、残り50%をチェックして手を入れる程度かなと。改稿めいたことをする時間がないぐらいの切羽詰まった感じにしてしまったのは不覚です。

これが終わったら、少しだけ休憩もしたいのですが、なろう向けをぼちぼちやるかなという感じです。

それと、後期の企画ですね。次は何を書こうかしらん。次に書く小説を考える、という作業工程は、基本的に楽しいことのほうが多いので、ずいぶん気が楽ですね。プロット作ってるときはわりと追い詰められてるような感じになってて、原稿を書き始めるとまあ怠い……としか言いようがなくなってきますので。

ブログの更新とか、色々サボってました

monogatary.com 様にて、『ウィッチ・トライアル』を公開しています。すみません、公開したのはずいぶん前です。現代異能系のラノベになります。この記事を書いた時点で、全作品の累計の人気順で40位になっていますので、なかなか人気があるみたいです。

半年ぐらいの間、色々と停滞していて、昨年末ぐらいからようやくリブートして、現在は次の応募作の仕込みが7割、それとは別になろう向けの新作を8000字ほど書いたところです。

それ以前になろう向けの新作として準備していたやつは止まっていて、このままお蔵入りかなと思っています。

そういえば、トラ転、第1回のHJネット小説大賞でも一次は通過してましたが、まあそこまででした。第2回が始まっているので、新作を応募したいですね。

なろう向け新作の書きためをしています

『トラック運転手やってたら異世界を救うことになった!』ですが、正直なところ順当ではあるのですが、第2回カクヨムWeb小説コンテストでは受賞を逃してしまいました。まあ仕方ないネ。形の上だけでも最終選考に残ってよかった、ということにしておきましょう……。

今後の予定ですが、二章の終わりぐらいまでは今のペースで(ちょっと疲れてきたけど)更新する予定です。

それと、第一回のHJネット小説大賞に記念……賑やかし……的に出してみようかなと思ってます。なろうでは140ptぐらいなので、出しても仕方ないよねーとは思いますが。

話を変えて……先日ここの記事で触れました、新人賞応募作の『魔女(仮)』は、第十回のGA文庫大賞(前期)に応募しました。

とりあえず書き上げられてほっとしています。このところ、新人賞応募作は高望みしすぎて、あるいは諸事情で間に合わなくて書けないのが数回ほど続いてしまっていたので。

今回は第一に書き上げること……を意識して、控えめに設計して書いたのですが、その割にはかなり良く出来たと思います。可能ならば、最終選考に到達して欲しいです。むずかしいかなー。

これでうまくいけば、創作では、高すぎる目標を設定しないのがコツ、ということになりますでしょうか(Web連載で、スキルが上がったのも大きいかな)。

先月の5月後半からはなろう向けの新作を書きためています(とはいえ、ちょっとサボっていたので実質は今月からかなぁ……)。とりあえず十話程度で様子をみようと思っていて、6月中にはお目にかけたいところです。

そして、7月にはGA後期の応募作のプロット作業に入る予定です。すでにコンセプトはだいたい固まっています。被る心配も少ないネタなので、予定通り進めていけると期待しています。

先の応募作ではうまく出来なかった点を改善する一方、多少力を抜くところも作って、トータルでは1割程度の性能改善を目指したいところです(小説なのに性能とはなんぞや、ですが)。

余談としては……執筆のメイン端末である、iMacをとうとう買い換えます。やったね! これで能率120%アップが期待……できるのかなぁ。

最近はこんな感じです。

新人賞応募作『魔女(仮)』を書いています。

過日の記事で書きましたとおり『トラック運転手やってたら異世界を救うことになった!』にて、第2回カクヨムWeb小説コンテストの異世界ファンタジー部門で読者選考を通過しておりますが、そもそもこれが読者選考を通過していたとは思っていなかったこともあり、今は新人賞応募作を書いています。

5月末が応募〆切のGAさん向けに書いています。自分の中では通称『魔女』と呼んでる作品で、現代ファンタジー系の話になります。

これがそろそろ初稿が書き上がるので、GWの早い段階で推敲を終わらせて、次の企画に移ろうと思っています。できればGW内で本文に着手したいところですが、どう考えてもちょっと難しいところでしょうね。

次の企画ですが、新人賞用に一本書き下ろす(GA下期向けかな……)のと、なろうで4桁ポイントを目指すのと、どちらも魅力的な案だなと思っていますので、迷うところですね。

気分転換が必要だと思っているので、どちらかというとなろう向けかな……幾つかアイデアはあるんですが、まずは市場調査からやらないと……。

『トラック運転手やってたら異世界を救うことになった!』のほうもちまちまと進めていますが、こちらは二章終わるぐらいには、今後を考えることになるかと思います(もし、受賞したら話が変わってきてしまいますが……)。

いやあ、久しぶりにここ更新しましたね……。

遅くなりましたがカクヨムでの読者選考通過の御礼を申し上げます

カクヨムにて公開していた「トラック運転手が異世界に行ったら問題しかない!(旧題:トラック運転手やってたら異世界を救うことになった)」につきまして、第2回カクヨムWeb小説コンテストの異世界ファンタジー部門で読者選考を通過しました。

直接のご声援をTwitter等でお寄せ頂いた方、評価して頂いた方、応援ボタンをおしたりフォローして頂いた方、お読み頂いた方……皆様のおかげでございます。厚く御礼申し上げます。

現在、小説家になろうの方に転載を行いつつ、少しずつ続きを書いている状態です。

新人賞応募の原稿も執筆しないといけませんので、公開ペースはゆっくりしたものになってしまっておりますが、今後ともよろしくお願い致します。また、これを機会に読んでいただける方も大歓迎です(カクヨム版となろう版のどちらでも)。

手短になってしまいましたが、あくまでも読者選考通過ですし、応募数の一割程度という多数の作品が残っているわけですから、勝手ながら、これでひとまずのお礼とさせてください。

というか、今後も面白い小説を提供していくことでお礼に代えるほうが自然ですかね……。