GA後期に応募しようとしている原稿ですが、38節予定の9節まで初稿を書き上げました。

貯金があるというほどの進捗にはなっていませんが、どうにも間に合わないほどでもないですね。

今回は、文長が長くなりやすいという欠点を改善する目的で、地の文の行折り返しを禁止しています。

意識しながら書くだけだと、結局思っていたより長くなってしまうので。ひとまず、初稿はこの制限をキープして仕上げるつもりです。

枚数に対する平均の文章量が20%ほど減ったので、なかなか書きづらいのですが、読み返してみると、文の微調整程度でいけるかなー、という感じですが、はてさて。

余計な情報を削ることに繋がっているので、見通しはよくなっている気がしますが、もうちょい話が進んでみないとなんともですね。

一方、過去の原稿をどうするか迷っています。今までは書いた原稿は基本的に一箇所にしか出していなかったのですが、常に選考待ちがあるほうがチャンスが増えるしなあ、などと。

出すなら、前から出したかったけど、〆切の関係で出せなかったところに送ってみようかと思っています。